●Kazさんのページ

#45. Silly
信じられない程間抜けな男の話とか、どこか憎めないおっちょこちょいな人間の話で、
読んだ後に時に不愉快になるpervert(変態)jokeとは一線を画す
laugh off(笑い飛ばす)対象のSilly(おバカさん)jokeです。

#45-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜70・71〜80


45-71 Overdue
 M
r. Wilson comes home one night, and his wife throws her arms around his neck.
"I have great news. I'm a month overdue. I think we're going to have a baby! The doctor gave me a test today, but until we find out for sure, we can't tell anybody."
The next day, Mrs. Wilson receives a telephone call from AEC (American Electric Company) because the electricity bill has not been paid.
"Am I speaking to Mrs. Wilson?"
"Yes. Speaking."
AEC guy, "You're a month overdue, you know!"
"How do YOU know?" stammers the young woman.
"Well, ma'am, it's in our files!" says the AEC guy.
"What are you saying? It's in your files. HOW?"
"Yes. We have a system of finding out who's overdue."
"OH MY GOD!"
"Madam, I am sorry. I am following orders. I have to inform you are overdue."
"I know that. Let me talk to my husband about this tonight. He will speak to your company tomorrow."

 That night, she tells her husband about the call, and he, mad as a bull, rushes to AEC office the next day morning.
"What's going on? You have it on file that my wife is a month overdue? What business is that of yours?" the husband shouts.
"Just calm down," says the lady at the reception at AEC, "It's nothing serious. All you have to do is pay us."
"PAY you? And if I refuse?"
"Well, in that case, sir, we'd have no option but to cut yours off."
"And what would my wife do then?" the husband asks.
"I don't know. I guess she'd have to use a candle.

 期限を過ぎた
 ある晩ウイルソン氏が家に戻ると、妻が彼の首に手を回して抱きつくと「凄く良い知らせよ!生理が一ヶ月遅れている(overdue)の。妊娠したんだと思うわ。今日お医者さんで妊娠テストしてもらったので、結果を聞くまではまだ誰にも言えないけど」と言った。
翌日ウイルソン夫人はAEC(アメリカ電気会社)から掛かってきた電話を受け取った。というのは電気料金の支払いが遅れていたからだ。
AEC社員は電話口でこう言った。「ウイルソンさんですか?一ヶ月支払われておりません(overdue)」
「ど、どうしてそれを知っているのですか?」と年若いウイルソン夫人は思わず言葉に詰まってしまった。
「当社の記録に書かれています」とAEC社員が答えたので、ウイルソン夫人は「何ですって?あなたの会社の記録に書かれているのですか?で、どう書かれていますか?」と聞いてしまった。
「えぇ、うちでは未払(overdue)人を調べるシステムがあり、マダム、残念ながらあなたは1ヶ月未払いです」と言われて、ウイルソン夫人は「なんてことなの!(OH MY GOD!)」と言ってしまった。
「お気の毒ですが、私はあなたにこのことをお伝えするように命令されたのです」とAEC社員に言われ、「わかりました。今晩夫が戻って来たら話してみます。お返事は明日そちらの会社にいたします」と彼女は答えた。

 その晩ウイルソン夫人は帰宅した夫に昼間の電話の件を話すと、夫は烈火の如く怒り、翌朝AECに怒鳴り込んだ。
「私の妻の生理が一ヶ月遅れているというファイルを持っているそうだが、一体おたくは何をやっている会社なんだ!」
AECの受付女性は「落ち着いてください。そう大したことではないのですよ。未払電気料金を払っていただくだけです」と答えた。
「金を払えだと?もし、断ったら?」とウイルソン氏が言うと、その女性は「その場合、お宅の電気を止めさせて(cut off)いただくしかありませんね」と答えた。
「そうなったら、私の妻はどうすればいいんだ?」とウイルソン氏が聞くと、「わかりませんねぇ、ロウソクを使うしかないんじゃないですか」と受付女性は答えた

One month verdue を、ウイルソン夫妻は「電気料金一ヶ月未納」ではなく「生理遅れ一ヶ月」と思い続け、
翌朝AEC会社から cut off と言われ、
「支払わなければ電気を止める」という意味なのに、妊娠のことしか頭にないので「中絶する」と解釈したのです。

45-72 Yoo Mamma
1. Yo Mamma is so stupid that she is yelling into the mailbox.
 We ask her what she is doing.
 She replies she is sending a voice-mail.
2. Yo Mamma is so ugly that she throws a boomerang and it refuses to come back.
3. Yoo Mammas' cooking is so bad that homeless people give it back.
4. Yoo Mamma is so stupid that when they said "Order in the court," she asked for fries and a shake.
5. Yoo Mamma so ugly that when she went to a stripping club, they paid her to keep her clothes on.

 ヨーママ
1.ヨーママは本当にオバカさん。郵便受け(mailbox)の中に大声を張り上げているので、何をしているのかと尋ねたら、「ボイスメール(声のメール)」を送っていると答えた。
2.ヨーママは本当に醜女。ブーメランを投げたらブーメランが戻って来ることを拒んだ。
3.ヨーママの料理は本当にひどい。乞食ですら突き返す位だから。
4.ヨーママは本当にオバカさん。法廷で「ここでは静かに(Order in the court)」と言われたら、「ポテトフライとミルクシェークを!」と注文した。
5.ヨーママは本当に醜女。彼女がストリップクラブに行ったら、お客はお金を払うから洋服を着てくれと頼んだ。

Yoo Mammaは並外れて間抜けなオバサンで、Yoo Mammaジョークというカテゴリーがある位です。

45-73 One word a year
 A
prince is madly in love with a princess and wants to propose, but an evil witch has cast a spell on him, and now he can say only one word a year.
So he waits 14 agonizing years-accumulating all his words-before approaching his beloved.
Finally, the big day arrives.
When he sees her, his heart skips a beat.
He gathers his nerve, drops to his knees, and intones, "My darling, I have waited many years to say this: Will you marry me?"
The princess turns around, smiles, and says, "Pardon?"

 一年一語
 王子が王女に熱烈な恋をして求婚しようと願ったが、意地悪な魔女が王子に呪いをかけて一年に一語しか言えないようにしてしまった。
王子は14年の苦しい年月を堪え忍び、14の単語を選んで取っておき、ついに愛する王女の前で声に出す日を迎えた。
王子の心臓のときめきは高鳴り、全神経を張り詰め、ひざまずいて声高々と訴えた。
「愛する人よ、私はこの言葉を言うために長い月日を待っていたのだ。私と結婚してほしい」
王女はくるりと振り向いて、微笑みながら言った。「え?何て仰ったのかしら?」

王子はまた14年間待たないと、求愛出来ないことになりました。

45-74 Frozen account
 M
y cousin always "borrows" money from her older brother's piggy bank, which drives him crazy.
One day, she found the piggy bank in the freezer.
Inside was this note: "Dear sister, I hope you'll understand, but my capital has been frozen."

 凍結された預金
 私の従姉妹は、いつも彼女の兄の貯金箱からお金をくすねるので、彼女の兄は怒っていた。
ある日彼女は兄の貯金箱が、冷蔵庫の中に入っていることに気付いた。
貯金箱の中には「妹よ、僕の預金は凍結されたことを理解してくれたまえ」と書かれた紙が入っていた。


45-75 Don't be silly
 B
enny is close to death and knows it.
He's in bed in his local hospital and around the bed are his wife Sadie, his son Morris, his daughters Leah and Fay, and his nurse Marilyn.
Suddenly, and with a weak voice, Benny starts talking tohis family.
"Morris, I want you to take the Heath apartments over in Bushey district."
"Leah, I want you to take the group of houses at the bottom of California Lane."
"Fay, I want you to take the shops in the High Road."
"And Sadie, my dear lovely wife who has been so good to me all my life, please take the houses in Merry Hill Lane where the NBC film studios used to be."

 Marilyn is totally shocked when she hears of all this property, and as Benny slowly slips away, she quietly says to Sadie, "Your husband must have been an extremely hard working and successful business man."
"Why do you say this?" asks Sadie.

 "Because he has accumulated such a lot of property," replies Marilyn.
"Property? Nothing!" says Sadie, "Don't be silly. Benny is a milkman and he delivered milk around these areas."

 馬鹿なこといわないで
 ベニーは死が間近に迫り、それを自覚していた。
病室の彼のベッドの回りには妻のサディ−、息子のモリス、娘のレアとフェイ、そして看護婦のマリリンが詰めていた。
突然ベニーが弱々しい声で、家族に遺言を語り出した。
「モリス、お前にはブッシィ地域のヒースアパートを頼む。レア、お前にはカリフォルニア通り奥の一戸建て住宅街を頼む。フェイ、お前にはハイロードにあるお店を頼む。そして私の愛する妻であるサディ、お前は私にずっと良く尽くしてくれたので、昔NBC映画スタジオの後に出来たメリーヒルの家々の面倒をみてくれ」

 看護婦のマリリンはベニーが語る不動産の数々を聞いて度肝を抜かし、ベニーに意識が次第に低下していくのを見つめながら、そっとサディに囁いた。
「あなたのご主人はもの凄いやり手で、大成功した実業家なんですね」
サディが「あなたは、どうしてそう思うの?」と聞き返した。

 「だって、ご主人はあんなに沢山の不動産を手にいれたじゃありませんか」とマリリンが答えると、サディは「不動産?何言ってんの。馬鹿なことを言わないでよ。ベニーは牛乳配達人で、今言った辺りを配達していただけよ」


45-76 Takatanobaba
 O
ne day a young girl and her brother were selling ointment made from toad's oil in the busy precincts of Asakusa Kannon Temple.
A samurai around 50 appearedout of the crowd and asked them to put some ointment on the wound on his back.
Showing his wound, the samurai asked the young vendor if the ointment worked on his 20-year-old wound.
"Yes, of course. Hmm… this cut was made by a shortsword that someone threw, right?" the young man inquired the samurai.
"You have a discerning eye, young man," the samurai replied and began to relate the story of how he got the wound.
The brother and sister's mood suddenly changed.
"May we ask your name?"
"Name? Iwabuchi Dnennai."
"You've spoken well, Iwabuchi Dennai! You're the enemy of our father. Our father was killed by a samurai named Iwabuchi Dennai. In the midst of cofusion, our mother threw her short sword and Dennai got the wound on his back. Now fight fair with us!"
Their remarks threw everyone around them into an uproar.
At that point, the samurai made a strange proposal -postponement of their revenge.
"I was so careless in revealing the story that I can't run away from my fate. But I'd feel very sorry to stain the precincts of the temple with blood. Please wait until tomorrow."
"All right. Where and when are we going to meet?"
"How about at noon tomorrow? At Takatanobaba."

 The next day there was a large crowd of onlookers in Takatanobaba.
All the tea stalls were busting with people eager to see the fight for revenge.
However, the appointed time came and went and nothing happened.
A man sipping one after another at one of the stalls was definitely the samurai everyone had seen the day before at Asakusa Kannon Temple.
An artisan spoke to him.
"Are you samurai I saw yesterday?"
"That's right. There will be no battle for revenge today," replied the samurai.
"But your opponent cannot allow the matter."
"They are my daughter and son."
"Gee, why did you do a thing like that?"
"I deal in revenge. A crowd of people gathered here today because of that drama yesterday. The tea stalls here are making money hand over fist. I get a 20 percent kickback from them and we can live a life of ease."

 高田馬場
 ある日人混みで賑わう浅草観音の境内で、若い姉弟が蝦蟇の油の膏薬を売っていた。
人垣を掻き分けてて出てきた五十前後の侍が、自分の背中の傷に薬を塗ってくれないかと頼んだ。
傷を見せながら「この傷は20年前の古傷なのだが、その薬は効くか?」と若い蝦蟇の油売りの男に尋ねた。
「もちろんですとも。どれどれ・・・ふーむ、これは誰かに短刀を投げつけられて受けた傷ですな」と蝦蟇の油売りが質問すると、その侍は「さよう、お主、目が高いのう」と言って古傷の由来を話出した。
話を聞き終わると姉弟の態度が一変し「貴公の名は?」と尋ねた。
「名前?岩淵伝内と申すが」と侍が答えると、「よくぞ申した、岩淵伝内。汝は憎っくき父上の仇じゃ。父上は岩淵伝内という侍に殺され、そのどさくさの中で母上が投げた短刀が、そやつの背中に刺さって傷を負わせたと聞いておる。いざ尋常に勝負、勝負!」
周りが騒然となると、その侍は妙な提案−仇討ちの日延べ−を申し出た。
「油断して口外したからには、拙者の天命逃れざることとなった。逃げはせんが、寺の境内を血で汚すは恐れ多いこと。仇討ちを明日まで待ってはくれまいか?」
「よかろう、その日時と場所は?」
「明日正午、高田馬場ではいかがじゃろう」

 さて翌日高田馬場には仇討ちをひと目見ようという人達が大勢集まり、茶店はどこも大入り満員だった。
ところが約束の時刻になっても何事も起こらず、茶店の一軒で次から次へと酒を飲んでいる侍を見た職人が、「どう見てもあの侍は、昨日浅草観音の寺で見た侍だ」と思って話しかけた。
「昨日のお侍さんじゃありませんか?」
「いかにも。今日仇討ちはないぞ」と侍は答えた。
「それでは相手が許さないでしょうが」
「きゃつらは、わしの娘と息子なんじゃよ」
「えー、何ですって?なぜあんな真似をしなさったんで?」
「わしの商売は仇討ち屋なのじゃ。昨日の芝居を見た人々が大勢ここに集まる。さすればこのように茶店が儲かる。そしてわしはそのあがりの二割をもらって、一家揃って楽〜に暮らしておるのじゃ」

有名な古典落語です。
『英語で笑う落語(中山幸男・高橋プリシラ:光文社)』より抜粋転記させていただきました。

45-77 Pitch black
 A
young programmer and the project manager, his boss, board a train headed through the mountains on its way to the town.
They can find no place to sit except for two seats right across the aisle from a young woman and her grandmother.
After a while, it is obvious that the young woman and the young programmer are interested in each other, because they are giving each other looks.
Soon the train passes into a tunnel and it is pitch black.

 There is a sound of a kiss followed by the sound of a slap.
When the train emerges from the tunnel, the four sit there without saying a word.
The grandmother is thinking to herself, "It was very brash for that young man to kiss my granddaughter, but I'm glad she slapped him."
The project manager is sitting there thinking, "I didn't know the young tech was brave enough to kiss the girl, but I sure she mistakenly slapped me."
The young woman was sitting and thinking, "I'm glad the guy kissed me, but I wish my grandmother did not slap him!"
The young programmer sat there with a satisfied smile on his face.
He thought to himself, "Life is good. How often does a guy have the chance to kiss a beautiful girl and slap his obnoxious boss at the same time!"

 真っ暗
 若いプログラマーと彼の上司であるプロジェクトマネージャーが、町へ向かって山あいの線路を走る列車に乗ったが、若い女性とその祖母が座っている席の前の二席しか、空席が見つからなかったのでそこに座った。
暫くすると若いプログラマーと若い女性がお互いに惹きつけられたように、お互いの顔をチラチラ見つめ合うようになった。
列車がトンネルに入ると車内は真っ暗になった。

 するとキスをする音とピシャリと頬を殴る音が続き、列車がトンネルを脱けると、そこに座った四人は無言のまま座った姿勢を崩さなかった。
若い女性の祖母は「この若い男が私の孫娘にキスするなんて、何と図々しいんだろう。でも孫娘が彼を引っぱたいたのでよかった」と考えた。
プロジェクトマネージャーは、座ったままでこう考えた。
「この若い部下があの女性にキスする度胸があるなんて知らなかった。それにしても彼女は間違えて僕を引っぱたくなんて、なんてこった」
一方若い娘は「あの若者が私にキスしてくれて嬉しいわ。でもお祖母ちゃんが彼のことを引っぱたいたのでなければ、いいんだけど」と思った。
若いプログラマーは満足そうな微笑みを浮かべながら席に座っていた。そして声に出さず自分自身に語りかけた。
「全く人生というのは面白いな。美しい女性とキスをすると同時に、自分の嫌いな上司の頬を思い切り叩けるなんて・・・」

皆それぞれの考えを持ったようですが、
真実はこの若いプログラマーの独白通りのようです。

#45-1〜1011〜2021〜3031〜4041〜5051〜6061〜70・71〜80


*  
*