●Kazさんのページ

#38. Politician
このジャンルではPolitician(政治家)という職業、政府の非効率性などについて取り上げます。
ムネオる、マキコるなどの日本製新造語もいつか英語の辞書に載る時が来るのでしょうか?
因みにkarate, karaoke, kamikazeなどはそのまま世界で通用します。


#38-1〜1011〜2021〜30・31〜40

38-31 REVOCATION
 T
o the citizens of the United States of America,

In light of your failure to elect a competent President of the USA and thus to govern yourselves, we hereby give notice of the revocation of your independence, effective immediately.

Her Sovereign Majesty, Queen Elizabeth II, will resume monarchical duties over all states, commonwealths and other territories (except Kansas, which she does not fancy), as from Monday next.

Your new prime minister, Tony Blair, will appoint a governor for America without the need for further elections. Congress and the Senate will be disbanded.To aid in the transition to a British Crown Dependency, the following rules are introduced with immediate effect:

#1. You should look up "revocation" in the Oxford English Dictionary. Then look up "aluminium," and check the pronunciation guide. You will be amazed at just how wrongly you have been pronouncing it.

#2. The letter 'U' will be reinstated in words such as 'colour', 'favour' and 'neighbour.' Likewise, the suffix "ize" will be replaced by the suffix "ise,"
such as 'realise' and 'normalise."

#3. You will relearn your original national anthem, "God Save The Queen", but only after fully carrying out Task #1.

#4. July 4th will no longer be celebrated as a holiday. November 2nd will be a new national holiday, but to be celebrated only in England. It will be called"Come-Uppance Day."

#5. You will learn to resolve personal issues without using guns, lawyers or therapists. The fact that you need so many lawyers and therapists shows that you're not adult enough to be independent. Guns should only be handled by adults. If you're not adult enough to sort things out without suing someone or speaking to a therapist then you're not grown up enough to handle a gun. Therefore, you will no longer be allowed to own or carry anything more dangerous than a vegetable peeler. A permit will be required if you wish to carry a vegetable peeler in public.

#6. The cold tasteless stuff you insist on calling beer is not actually beer at all. Henceforth, only proper British Bitter will be referred to as "beer," and European brews of known and accepted provenance will be referred to as "Lager." American brands will be referred to as "Near-Frozen Gnat's Urine," so that all can be sold without risk of further confusion.

#7. An internal revenue agent (i.e. tax collector) from Her Majesty's Government will be with you shortly to ensure the acquisition of all moniesdue backdated to 1776.

Thank you for your co-operation.

 権利の取り消し

アメリカ市民へ
選挙で有能なアメリカ合衆国大統領を選ぶことに失敗し、その結果、自国を正しく統治することが出来ないアメリカ市民に対して、我々はたった今からアメリカを独立国家とみなすことを取り消すことを通告する。

大英帝国エリザベス二世女王陛下は、来週月曜日より合衆国の全ての州に対する主権を回復し、大英連邦内の他のすべての地域と同様主君として君臨する。ただし女王陛下はカンサス州がお好きでないので、同州だけは女王の統治下より除かれる。

諸君の新しい首相であるトニー・ブレアー氏が、アメリカ統治官を直接任命する。つまり統治官選出は、今までのような選挙は不要になる。現在アメリカにある上院・下院は廃止される。そして英国統治への移行に際しては、下記の諸規則を直ちに施行する。

1)諸君は「権利の取り消し」(Revocation)という単語の意味を、オックスフォード英語辞典で調べなければならない。また「アルミニュウム」(Aluminium)という単語も同じ辞書で調べ、正しい発音を学ばねばならない。諸君が如何に不適切な発音をしていたかを学ぶと、唖然とするに違いない。
【訳者注:Aluminiumは英国では第二音節にアクセントが有り、アルーミニュムと発音されるが、アメリカでは綴りはAluminumで発音は第一音節にアクセントを置き、アルミナムと発音される】

2)例えば色(colour)、好意(favour)、隣人(neighbour)など単語の綴りに、"u"を元通り正しく入れることを忘れてはならない。同様に接尾語である"ize"は正しく"ise"と書かれねばならない。具体例を挙げると理解する(realise)、正常化する(nomalise)などである。
【訳者注:アメリカ英語では上記の単語はそれぞれ、 color, favor, neighbor, realize, normalizeと綴られる】

(3)諸君は祖国国歌「神は女王陛下を救う」(God Save The Queen)を、再度覚え直さねばならない。ただし(1)で定めた正しい発音で歌うことが肝要である。

4)(従来アメリカ独立記念日として祝日だった)7月4日は、今後祝日とは見なされない。(イギリスの建国記念日である)11月2日が新しい祝日とされるが、建国祝典に関してはイギリス本土のみで行う。アメリカにおいては「天罰の日」(Come-uppance Day)と呼ばれる。

5)諸君は個人的争い・悩みの解決は、銃器や、弁護士、精神治療医などの力を借りずに行うことを学ばねばならない。多数の弁護士、精神治療医が存在するということは、諸君は大人として独立するには不充分であることを明白に示している。銃器というものは成人のみが使用を許されるものである。争い・悩み事を解決するために訴訟を起こしたり、精神治療医に相談したりするということは、取りも直さず諸君が銃器を持つ資格を持つ成人としてふさわしくないことを如実に現している。それ故、今後諸君は野菜切りナイフ以上に危険なものを、持ち歩くことは今後禁止される。「野菜切りナイフ所持許可証」がなければ自宅以外に野菜切りナイフを持ち出すことは許されない。

6)諸君が「ビール」と呼んでいる不味い飲み物はビールとは似て非なるものである。英国で正しい製法で作られているもののみが「ビール」と呼ばれ、同様にヨーロッパで製造され、その正しい起源が認められているものは「ラガー」と称される。不用意な混乱を避けるため今後アメリカの「ビール」と称する飲み物は、「凍りかけたブヨのおしっこ」と名称を改めることを条件で、販売を許可する。

7)大英帝国政府国税徴収官(つまり収税人)が直ちに派遣され、1776年(=アメリカの独立宣言)に遡り、諸君達の未納税金を徴収する事になる。

以上、諸君の協力を期待するものである。


38-32 Public work project
 A
passerby noticed a couple of city workers working along the city sidewalks.
The man was quite impressed with their hard work, but he couldn't understand what they were doing.
Finally, he approached the workers and asked, "I appreciate how hard you're both working, but what the heck are you doing? It seems that one of you digs a hole, and then the other guy immediately fills it back up again."
One of the city workers explained, "The third guy who plants the treesis off sick today."
 公共事業
 ある人が道を歩いていると、市役所の公務員が二人市の歩道に沿って作業をしていることに気付いた。
彼等がとても一生懸命働いているのでこの男は感心したが、何の作業をしているのかが今ひとつ理解出来なかった。
そこで作業をしている二人に近づくと、男は彼等に話しかけた「二人ともとても一生懸命働いているんで感心しましたよ。でも一体何をやっているんですか?一人が穴を掘って、もう一人が素早くその穴を埋めるなんて。。。」
一人の公務員が答えた。「もう一人木を植える役目の男が、今日病気で休んでしまったものでね。。。」
三人一組で穴を掘って、木を植えて、そこに土をかけて穴を埋める、
この一連作業の真ん中の作業者が休んだにもかかわらず、市役所の人は自分の作業しかしないで、
後の結果なんてどうなっても平気なんですね。公務員万歳、親方日の丸の万歳の世界です。

38-33 Not stupid
 O
ne day Bernard Shaw went to the parliament to hear the argument between the ruling party and the opposition party.
Suddenly he stood up from his seat in the public arena and yelled at the chairman, "A half of the parliament members are stupid!"
All the politicians there got very angry and demanded that he should retract his comment and apologize to the diet members.
Shaw bowed and said, "I shall amend my previous statement. I should have said that a half of the parliament members are not stupid."
 間抜けではない
 ある日(イギリスの著名な評論家である)バーナードショーが、与野党で行われている審議を聞くために国会にやって来た。
突然傍聴席から立ち上がったショーは、議長に向かって「国会議員の半分は間抜けだ!」と叫んだ。
出席していた国会議員は全員怒りを露わにし、発言の取り消しと、国会議員に対する謝罪をショーに要求した。
彼は一礼すると「先程述べた見解を訂正しよう。『国会議員の半分は間抜けではない』、と言うべきだった」と述べた。
言い方を替えたところで、「国会議員の半分は間抜けである」という結論は同じことです。

38-34 Democrat or Republican
 I
was traveling between Phoenix and Chicago the other day and south of Kansas City when a tire blew out.
Checking my spare, I found that it was too flat.
My only option was to flag down a passing motorist and get a ride to the next town.
The first vehicle to stop was an old man in a van.
He yelled out the window, "Need a lift?"
"Yes, I sure do," I replied.
"You a Democrat or Republican?" asked the old man.
"Republican," I replied.
"Well, you can just go to Hell," yelled the old man as he sped off.
Another guy stopped, rolled down the window, and asked me the same question.
Again, I gave the same answer, "Republican."
The driver gave me the finger and drove off.
I thought it over and decided that maybe I should change my strategy, since this area seemed to be overly political and there appeared to be so few Republicans.

 The next car to stop was a red convertible driven by a beautiful blonde.
She smiled seductively and asked if I was a Democrat or Republican.
"Democrat!" I shouted.
"Hop in!" replied the blonde.
Driving down the road, I couldn't help but stare at this gorgeous woman in the seat next to me, the wind blowing through her hair, perfect breasts, and a short skirt that continued to ride higher and higher up her thighs.
Finally, I yelled, "Please stop the car."
She immediately slammed on the brakes and as soon as the car stopped, I jumped out.
"What's the matter?" she asked.
"I can't take it anymore," I replied.
"I've only been a Democrat for five minutes and already, I want to screw somebody."

 民主党員か共和党員か?
 先日私がフェニックスからシカゴへ車で向かっていた時、カンザスシティーの南でタイヤがパンクしてしまった。
スペアタイアをチェックしてみたが、空気が抜けてしまっていて使えそうもない。
出来ることと言えば、通りがかったドライバーに手を振って合図して、次の町まで乗せて行ってもらうしかない。
最初に止まってくれたのは、年取った男が運転しているバンだった。
その男は「乗るかい?」と大声で叫んだ。
「ええ、ぜひお願いします」と、私は答えた。するとその年取った男が「お前は民主党員かい?それとも共和党員なのかい?」と尋ねたので、私は「共和党員です」と答えた。
すると男は「あぁ、そうか。じゃお前なんか地獄に落ちちまいな!」と、捨て台詞を残して走り去ってしまった。
次に別の男が車を止めて運転席横の窓を開け、私に同じ質問をしたので、私は前と同じように「共和党員です」と答えた。
するとその運転手は僕に向かって中指を立てて(=Fuck you!クソッタレ!の意味)、走り去ってしまった。
私はしばらく考え込んで、うん、作戦を変えなければならない、と思った。
どうもこの辺りは非常に政治に敏感な土地柄で、共和党員は殆どいない地域のようだ。

 次に止まってくれた車はブロンドの美女が運転している、真っ赤なコンバーチブルだった。
彼女は誘惑するように微笑み、民主党員なのか共和党員なのかと私に尋ねた。
「民主党員です!」と私は叫んだ。
「乗って」、とブロンドの美女は言ってくれた。
車が走り出すと、私は隣に座っている超豪華な美女を見つめずにはいられなかった。
風にたなびく彼女の金髪、完璧な胸、そして時間が経つにしたがって上の方上の方へと上がっていくミニスカート。。。とうとう私は「車を止めてくれ〜!」と叫んだ。
彼女は咄嗟にブレーキを乱暴に踏んで車を止めたので、私はすぐに車を飛び降りた。
「いったいどうしたの?」と彼女が聞くので、私は答えた。
「もう我慢が出来ない!僕はたった5分間しか民主党員じゃなかったのに、もう誰かとやりたくなっちゃったじゃないか!」

全米テレビ放送で女性問題に関して謝ったクリントン元大統領は、民主党員です。

38-35 Archaeology and politics
 I
n archaeology you uncover the unknown.
In politics, you cover the known.

 考古学と政治
 考古学では見知らぬもの(unknown)を発掘(uncover)するが、政治では知られたこと(known)を隠そう(cover)とする。


38-36 What's wrong with economy
 I
just figured out what's wrong with economy.
We're earning money five days a week to pay taxes, but the government is spending it seven days a week.

 考何が経済を悪くさせているのか
 何が経済を悪くさせているのか、ようやく理解できた。
我々国民は税金を納めるために週五日働いて金を稼ぐが、政府はその金を一週間七日まるまる使うからだ。


38-37 Whisky
 A
Senator in the USA was once asked about his attitude toward whisky.
"If you mean the demon drink that poisons the mind, pollutes the body, desecrates family life, and inflames sinners, then I'm against it. But if you mean the elixir of a year-end party toast, the shield against winter chill, the taxable potion that puts needed funds into public coffers to comfort little crippled children, then I'm for it. This is my position, and I will not compromise."
 ウイスキー
 あるアメリカ上院議員がウイスキーに関して、かつて次の様に語ったそうだ。
「もしそれが心を毒し、身体を汚染し、家庭生活を冒涜し、罪人に火をつける、あの悪魔の飲物のことを言っているなら、私はハッキリと反対であると表明する。しかし、もしそれが忘年会の乾杯に使われ、冬の寒さから身を守り、身体が不自由な子供を救うための公的資金として租税対象となるあの特効薬のことを言っているのなら、私はハッキリ賛成する。これが私のウイスキーに関する見解で、この見解を妥協するつもりはない」
同じことを180度違う立場で、平気で言えるのが政治家なのですね。

38-38 Two sides to the brain
 G
eorge W. Bush went to see the doctor to get the results of his brain scan.
The doctor said: "Mr. President, I have some bad news for you. We have discovered that your brain has two sides: the left side and the right side."
Bush interrupted, "Well, that's normal, isn't it? I thought everybody had two sides to his brain?"
The doctor replied, "That's true, Mr. President. But your brain is very unusual because on the left side there isn't anything right, while on the right side there isn't anything left."
 二つの脳
 ジョージ・W・ブッシュが脳の精密検査を受けた。
医者が「大統領閣下、悪い知らせがあります。あなたの脳は二つに分かれています。右脳と左脳です」と言った。
ブッシュが医者の言葉を遮った。「でも、誰でも脳は二つに分かれているということは、当たり前のことだろう?」
医者が続ける。「その通りです、大統領閣下。でもあなたの場合は特殊なのです。左脳(left)には何も正しい(right)ものが入っていません。そして右脳(right)には全く何も残って(left)いないのです」
左脳は嘘ばかり、右脳は空っぽということです。

38-39 Nursing home
 B
arack Obama is out on the campaign trail, and he visits a retirement home to talk about social security and medicare.
He's mingling with some of the residents and one older woman catches his eye.
He asks her, "How do you like living here?"
She says, "I like it, just fine."
Obama says, "So they're treating you okay?"
"Yes, everyone is very nice," she answers."
"That's great. How's the food?" he asks.
"Fantastic. We get to eat all we want. You'd love it," she replies.

 Finally Barack asks her, "Do you know who I am?"
The woman looks at him for a few moments, then finally shakes her head and says, "No. But if you're not sure either, you can go up to the front desk and they'll tell you."

 養老院にて
 バラク・オバマが選挙キャンペーンの一貫として、年金と健康保健問題について話合うため老人ホームを訪れた。
老人ホームの住民達と親しく話合っていると、一人の高齢な女性が彼の目をじっと見つめていた。
オバマは彼女に向かって「こちらの暮らしはいかがですか?」と聞いた。
彼女は「悪くないわ、気に入っているわ」と答えた。
オバマは「職員はあなたのことを丁寧に扱ってくれますか?」と尋ねると、彼女は「みんなとても親切にしてくれるわ」と答えた。
「それは良かったですね。で、食事はいかがですか?」とオバマがなおも質問を続けると、彼女は「とても美味しいわ。欲しい物を食べさせてくれるのよ。あなたも気に入ると思うわよ」と返事をした。

 最後にオバマが「ところで、あなたは私が誰だかわかりますか?」と聞くと、その女性はオバマの顔を暫く見つめてから、いいえというように首を振った。
そして「知らないわ。でももしあなたも自分が誰だかわからなくなったら、フロントデスクで聞けば、あなたが誰だか教えてくれるわよ」と言った。

「私が誰だかわかりますか?」という質問を、オバマのことを知らなかったこの女性
は、オバマが自分の名前が思い出せなくなったので彼女に聞いた、と思ったのです。

38-40 Mao Zedong and Deng Xiaoping
 M
ao Zedong called Deng Xiaoping to his death bed.
"Xiaoping, to be honest, there is one thing that bothers me badly. I am worried that some of the party members may not follow your lead."
Deng answered: "No worries Great Brother, if they do not want to follow me, I will let them go with you."

 毛沢東と登小平
 死が間近くなった毛沢東が登小平を呼んで、「登小平よ、本音を言おう。わしが頭を悩ましていることがひとつある。それは何人かの党員達がお前の指導に従わないかもしれない、ということだ」と言った。
登小平は「偉大な同志よ、案ずることはありません。もし彼等が私に従わなかったら、あなたと一緒に行かせるようにしますから」

自分(登小平)に従わない党員は死んでもらう、
つまり毛沢東と同じく死後の世界に行ってもらう、ということです。

#38-1〜1011〜2021〜30・31〜40


*  
*