●Kazさんのページ

#16.Female anatomy

Female anatomy(女のカラダ)あれこれで
「オッパイの大きな娘が…」「女のアソコの部分が… 」といういわゆる猥談ですので、
そういうエッチな話が嫌いな方はパスして下さい。 兄弟編(?)が#30、男の身体です。

#16-1〜1011ー2021〜3031〜40・41〜50


16-41 Unusual Tattoos
 A
woman goes into a tattoo parlor and tells the tattoo artist that she wants atattoo of a turkey on her right thigh right up just below her bikini line.
She also wants him to put "Happy Thanksgiving" under the turkey.
So the guy does it and it comes out looking real good.
The woman then instructs him to put a Santa Clause with "Merry Christmas" up on her left thigh.
So the guy does it and it comes out looking good too.

 As the woman is getting dressed to leave, the tattoo artist says, "If you don't mind, could you tell me why you had me put such unusual tattoos on your thighs?"
She says "I'm sick and tired of my husb and complaining all the time that there's nothing good to eat between Thanksgiving and Christmas."

 あまり見かけない刺青
 ある女性が刺青店にやって来て、刺青職人に「ビキニパンツのすぐ下の右太股に七面鳥を彫って、その下に『感謝祭』と彫ってほしいの」と、頼んだ。
そこで刺青職人は言われた通りに刺青を彫り込んだが、なかなかの出来栄えだった。
するとこの女性は「右太股と同じ位置の左太股に、サンタクロースを彫ってその下に『メリークリスマス』と彫ってちょうだい」と言った。
刺青職人は指示通りの仕事をしたが、これも良い出来栄えだった。

 女性が洋服を着てお店から去ろうとした時、職人は「差し支えなければ教えていただきたいんですが」、と声をかけた。
「どうしてこんな風変わりな刺青を両方の太股に彫ろうと思ったんですか?」と尋ねると、女性が答えた。
「うちの主人たら、感謝祭とクリスマスの間にはろくな食べ物が出てこないと、いつも文句ばかりいうからよ」

右股と左股の間にあるものといえば・・・?

16-42 Art Gallery
 A
couple goes to an art gallery.
They find a picture of a naked women with only her privates covered with leaves.
The wife doesn't like it and moves on but the huband keeps looking.
The wife asks: "What are you waiting for?"
The husband replies: "Autumn."

 美術館
 夫婦が美術館にやって来て、陰部を葉で隠しただけの裸婦の絵の前に立った。
妻はこの絵が気に入らないので直ぐに立ち去ったが、夫はじっと見続けていた。
「あなたは何を待っているの?」と妻が聞くと、夫は「秋になることを」答えた。

秋になれば絵画に描かれた葉が落ちて、裸婦の陰部が見えるようになると思っているのでしょうか?

16-43 The Birth of Pussy
 S
even wise men, with knowledge so fine, created a pussy - to their design.
First was a butcher, smart with wit, using a knife - he gave it a slit.
Second was a carpenter, strong and bold, with hammer and chisel - he gave it a hole.
Third was a tailor, tall and thin, using red velvet - he lined it within.
Fourth was a hunter, short and stout, using a fox fur - he lined it without.
Fifth was a fisherman, nasty as hell, threw in a fish - and gave it a smell.
Sixth was a preacher, touched it and blessed it - and said it could pee.
Last came a sailor, a dirty little runt, who sucked it, and fucked it - and named it a cunt.

 女性器の誕生
 それぞれの分野で知られた七人の賢い男が、それぞれの考えで女性器をデザインした。
最初に機知に富んだ肉屋が包丁で鮮やかに女性器に割れ目を入れた。
次に力強く大胆な大工が金槌とノミを使って穴を開けた。
三番目に痩せて背の高い洋服仕立屋が赤いビロードを使って、内部にひだをつけた。
四番目に短躯で筋骨たくましい猟師が狐の毛皮を外部に張り付けた。
五番目にいかがわしい漁師が魚を女性器の中に放り込んだので、そういう臭いがするようになった。
六番目に牧師が女性器に触れて祝福し、そこから小用を足せるようにした。
最後に登場したのが汚らしい船乗りで、女性器を吸って陵辱してからその名を『女陰』と名付けた。
これが女性器誕生のすべてである。

#16-1〜1011ー2021〜3031〜40・41〜50


*  
*