●Kazさんのページ

#03.Animal

#03-1〜1011〜2021〜3031〜40・41〜50
51〜6061〜70

03-41 S-car-go!
 T
here once was a snail that wanted to buy a Nissan Z car.
So, he went to a dealership and bought a car.
"But," he said to the salesperson, "I would like my car personalized. Would it be possible to have the "Z" replaced with an "S"?"
The dealer said yes, and it was done.
And, as the snail raced around the city in his brand new car to show it off, everyone would see and applaud, "Wow, look at that S-car-go."

 S-car-go(エスカルゴ)
 スポーツカーの日産Zを欲しがっているカタツムリがいた。
彼は自動車ディーラーを訪れて、「日産Zを買いたいが、自分仕様にしたい。つまりロゴのZをSに変えて欲しいのだが可能かね?」と販売員に尋ねた。
ディーラー販売員は可能だと答え、カタツムリの要求通りにロゴを変えて販売した。
カタツムリはこのスポーツカーを市中で運転して見せびらかした。
するとそれを見た人達は「見ろよ、Sカーが走っているぜ(S-car-go)!」

Snail(カタツムリ)はフランス語だと escargo(エスカルゴ)。
即ち、S-car-go(Sカーが走っているぜぃ!)です。(笑)

03-42 Octopus
 A
guy walks into a bar with an octopus on his shoulder.
The bartender says "you can't bring that in here!"
The guy says "Why not? He's a pet. Plus I'll bet you a drink he can play any instrument in here."
The bartender says "okay, here's a trombone, I'll bet a drink he can't play it."
The octopus picks it up and starts playing a tune.
The bartender is a little upset and pulls out a clarinet and says, "I bet another drink he can't play this."
The guy says okay and the octopus picks up the clarinet and starts playing away on it.
This goes on between the bartender and the octopus who plays a flute, saxophone, and piccolo flawlessly.
By now the bartender is really upset.

 Then he remembers he has an old set of bagpipes in the back.
He tells the guy, "I'll bet you one more drink he can't play something else I have," and throws out the bagpipes.
The octopus takes one look at the set of bagpipes and starts swarming all over it, pulling on the pipes and squeezing the bag.
The bartender laughs and says, "I guess I win."
The guy says, "Just give him a minute. As soon as he realizes he can't fuck it, he'll play it.

 タコ
 肩にタコを乗せた男が、フラリとバーに入って来た。
バーテンが「タコの入店は禁止だよ!」と男に言うと、男は「どうしていけないんだ?こいつは僕のペットだぜ。それにこいつは楽器を弾けるんだ。嘘じゃない証拠に、こいつが楽器を弾けなかったら俺が一杯酒をおごるからさぁ、こいつも一緒に入れてくれよ」と頼んだ。
バーテンは「わかった、ここにトロンボーンがあるから、そいつに吹かせてみろよ。俺は吹けない方に一杯賭けるぜ」と答えた。
そのタコはトロンボーンを手にして、音色を奏でた。
バーテンは少し驚いて次にクラリネットを取り出して、「こいつは吹けるか?俺は吹けない方にまた一杯賭けるぜ」と言った。
男は「いいとも」と承諾して、タコはそのクラリネットを掴むとまたもや演奏を始めた。
この楽器演奏をめぐってバーテンとの賭が続き、タコはフルート、サキソホーン、ピッコロなどを完璧に演奏したので、バーテンはすっかり動転してしまった。

 そしてこのバーには古いバグパイプが有ったことを思い出し、「これから俺が持ってくる楽器を、こいつが弾けないことに、一杯賭けよう」と男に言って、パグパイプをタコに放り投げた。
タコはバグパイプの形をじっと眺めてから、いきなりこの楽器に全身をくねくねからませ始め、体重をかけてバグパイプを組み敷いてしまった。
バーテンは「ほうらね、今度は俺が勝ったようだぜ」と、ゲラゲラ笑い出した。
「ちょっと、一分程待ってみろよ。この楽器が牝ダコでないことに気付いたら、こいつは演奏を始めるから…」


03-43 Mouse
A: I'm in a big trouble!
B: Why is that?
A: I saw a mouse in my house!
B: Oh, well, all you need to do is use a trap.
A: I don't have one.
B: Well then, buy one.
A: Can't afford one.
B: I can give you mine if you want.
A: That sounds good.
B: All you need to do is just use some cheese in order to make the mouse come to the trap.
A: I don't have any cheese.
B: Okay then, take a piece of bread and put a bit of oil in it and put it in the trap.
A: I don't have oil.
B: Well, then put only a small piece of bread.
A: I don't have bread.
B: Then what is the mouse doing at your house?!

 ネズミ
A:僕は今、とても困っているんだ。
B:それは何なのだね?
A:家にネズミがいるんだ。
B:わかった。でもネズミ取りの罠を仕掛ければいいんじゃないの?
A:ネズミ取りの罠は持っていないんだ。
B:じゃ、買えばいいじゃないか。
A:まぁ、そういうことだけどさ。
B:君がやらなきゃならないことは、その罠の中にチーズを置いて、ネズミがその罠に引っかかるようにすればいいだけさ。
A:でも、僕の家にはチーズがないんだよな。
B:わかった、パンを一切れ取ってその上にオイルを塗って罠の中に入れておけばいいじゃないか。
A:でも、僕の家にはオイルがないんだ。
B:じゃ、小さなパン一切れだけでいいから罠の中に入れなよ。
A:でも、僕の家にはパンがないんだ。
B:一体全体、そのネズミは君の家でなにをしているんだろうね?


03-44 Fortune-teller
 A
frog wanted to know about his future.
He went to see a fortune-teller, then.
The fortune-teller told him that he will soon meet a girl who would want to know him about everything.
He was so happy to hear the result.
However, he died on the next day.
He was killed because a girl wanted to dissect him at her science class.
Bingo!

 占い師
 自分の将来を知りたいと思った蛙が、占い師に会いに行って次のように言われた。
「もう直ぐあなたの事を何でも知りたいという彼女が現れますよ」
このお告げを聞いた蛙はとても幸せな気分になった。
ところがこの蛙は次の日死んでしまった。
一人の女の子が理科の授業でこの蛙を解剖してしまったからだ。
占いは大当たり〜!


03-45 Southern zoo and Northern zoo
 W
hat's the difference between a Southern Zoo and a Northern Zoo?
A Southern zoo has a description of the animal on the front of the cage, along with a recipe.

 南半球の動物園と北半球の動物園
 南半球の動物園と北半球の動物の違いは何か?
南半球の動物園では、動物の檻の前にその動物の解説と共に、調理方法が掲げてある。


03-46 Two bats
 T
wo bats are hanging upside down on a branch.
One asks the other, "Do you recall your worst day last year?"
The other responds, "Yes, the day I had diarrhea!"

 二匹のコウモリ
 二匹のコウモリが逆さまになって枝にぶる下がっていた。一匹のコウモリがもう一匹に
「去年の最悪の日って思い出せる?」と尋ねた。するともう一匹は答えた。「あぁ、下痢だった日かな・・」


03-47 Stuffed Gorilla
 A
guy responds to a job position at the city zoo.
The advertisement mentions the salary but not what he'll be doing.
It turns out that the zoo's gorilla has unexpectedly passed away.
The zoo has just spent millions on promotions focused on the gorilla and now they need a gorilla.
The guy really needs the job and the money's good so he accepts.
Every day he puts on a gorilla suit, hangs out in his cage and plays the gorilla.
After a while he starts enjoying himself.
He scares little kids, roars at the crowds, and eats bananas by the bunch.
As time wears on he becomes the main attraction at the zoo.
He swings on his trees and vines, and the people love him.
One particularly busy Saturday he gets to swing around and accidentally swings over his fence and lands in the lion's cage.
The lion slowly opens his eyes, sees the gorilla and begins to stalk.
The lion, now drooling and wide awake, slowly approaches the gorilla who is backed up against the fence.
The lion is ready to jump when the gorilla starts yelling, "Help! Help! I'm not a gorilla. I'm a man! Help, help!!"
So the lion says, "Shut up stupid, or we'll both get fired!"

 ゴリラのぬいぐるみ
 一人の男性が動物園の求人広告に応募してきた。
その広告には給与金額は示されていたが、職の内容は示されていなかった。
実はこの動物園の売り物にしようと、莫大な費用をかけて宣伝してきたゴリラが突然死んでしまったため、動物園としてはどうしてもゴリラが必要になったのだった。
応募してきた男性は職がどうしても欲しかったし給与も悪くないので、ゴリラのぬいぐるみの仕事を引き受けた。
かれは毎日ゴリラのぬいぐるみを着てゴリラらしく檻の中をあっちへウロウロ、こっちへウロウロ歩いて見せていた。
慣れて来ると彼はこの役割を楽しむようになった。
見物に来た子供を脅かしたり、観客に向かって大声で吠えてみたり、バナナを山ほど食べてみせたりした。
こうして彼はこの動物園のスターになっていった。
彼は檻の中の木にツタでぶる下がってユラユラ動いたりしたので、観客は大いに喜んだ。ある忙しい土曜日に、彼はいつものようにツタのブランコ芸を見せていたが、あまりに揺さぶり過ぎて自分の檻を飛び越して、ライオンの檻へ飛び込んでしまった。
ライオンはゆっくりと目を開けるとゴリラを見つめ、やがてゴリラの周りをウロウロ歩き始めた。
そして涎を垂らしながら口を大きく開き、ゆっくりとゴリラへ向かっていった。
ゴリラのぬいぐるみを着た男は背中が檻にくっつくまで下がって行ったが、ライオンが飛びかかりそうになったので、思わず人間の声で「た、助けてくれぇ〜!俺はゴリラじゃない、人間なんだ!助けてくれ〜!」と、悲鳴をあげてしまった。
ライオンがささやいた。「バカ、喋るんじゃない!そうしないと俺たち二人とも職を失うことになるぞ!」

このライオンもぬいぐるみを着た人間だったのです。

03-48 A pig with a wooden leg
 A
guy walks into a bar with a pig that has a wooden leg.
The bartender asks him why it has the wooden leg.
The guy answers, "This pig is special. One day he was rooting around the backyard and discovered oil field. I could afford to build a big house with a swimming pool."
"Yea, but why does he have a wooden leg?"
"Listen, this pig is special. One day my son fell into the swimming pool and almost drowned. This pig jumped in and pulled him out and administered him mouth-to-mouth resuscitation."
"Yea, but I'm asking why does he have that wooden leg!" the irritated bartender asks.
"This pig is special. He saved my family's lives when a fire broke out in the kitchen. He woke us up by ringing fire alarm and put out the fire by an extinguisher before it did any damage."
The bartender goes crazy, "Yea, but, tell me, why does he have a wooden leg?"

 The guy looks at the bartender and grins, "Do you think we eat such special pig all at once?"

 義足の豚
 片足が木製の義足の豚を連れた男がバーに入って来た。
バーテンがなぜこの豚は義足なのか尋ねると、男は答えた。「この豚は特別なんだ。ある日こいつが裏庭をクンクン臭いを嗅ぎながら歩いていたら油田を発見したんだ。おかげでプール付きの大邸宅を建てることが出来たんだ」
「そうですか、でもなぜこの豚は片足がないんですか?」
「まぁいいから聞きなって。ある日うちの息子がそのプールに落っこちて危うく溺れるところだったんだ。ところがこの豚がプールに飛び込んで息子を引っ張り上げ、しかも人工呼吸をして息をふきかえさせたんだ」
「それはわかったけど、僕はなぜこの豚が義足なのか尋ねているんだってば!」イライラしたバーテンが叫んだ。
「この豚は本当に特別だよ。我が家の台所が火事になった時、こいつはうちの家族全員を救ったんだ。彼は火事に気がつくと火災報知器を鳴らして俺たちを起こして、消火器を持ち出して大事に至ら
ぬ段階で火を消し止めたんだ」
答えを聞かせてもらえないバーテンは気が狂いそうだった。「ハイハイ、わかったよ。だけど何故こいつの足が一本片足なのか、教えてくれよ!」

 男はバーテンの顔を見てニヤリと笑った。「そんな特別な豚を、いっぺんに食べてしまうと思うかい?」

石油を掘り当てて家族の命を救った恩人の豚を、片足から少しずつ食べようという
この男の神経がわかりませんね。

03-49 More than you can shake a stick at it
 C
hester and Earl are going hunting.
Chester says to Earl, "I'll send my dog out to see if there are any ducks out in the pond. If there aren't any ducks out there, I'm not going hunting."
So he sends the dog out to the pond.
The dog comes back and barks twice.
Chester says, "Well I'm not going to go out.
He only saw two ducks out there."
Earl says, "You're going to take the dog's barks for the truth?"
Earl doesn't believe it and he goes to look for himself.
When he gets back he says, "I can't believe it. There really are only two ducks out there! Where did you get that clever dog?"
Chester says, "Well, I got him from the breeder up the road. If you want, you can get one from him, too."
So Earl goes to the breeder and says he wants a dog like the one his friend Chester has.
The breeder obliges and Earl brings the dog home.
He tells it to go out and look for ducks.
Minutes later the dog returns with a stick in its mouth and starts humping Earl's leg.
Outraged, Earl takes the dog back to the breeder and says, "This dog is a fraud. I want my money back!"
The breeder asks Earl what the dog did.
So Earl tells him that when he sent the dog out to look for ducks, it came back with a stick in its mouth and started humping his leg.
The breeder says, "Earl, all he was trying to tell you was that there are more fucking ducks out there than you can shake a stick at!"

 あんたが思っている以上に
 チェスターとアールが狩りに出かけた。
チェスターがアールに「僕の猟犬を放して、池に鴨が居るかどうか見させてみよう。鴨が居なければそこに行っても狩りは出来ないからね」と行った。
チェスターが犬を放すと、犬は池に向かって走り直ぐに戻ってきて、二度吠えた。
チェスターは「あそこには二羽しか鴨が居ないみたいだから、狩りに行くのは止めよう」と言ったので、アールは「犬の鳴き声でそんなことがわかるのか?」と疑って自分で池に確かめに行った。
アールは戻ってくるなり「信じられない!確かに鴨は二羽しかいなかったよ。君はどこでこの賢い犬を手に入れたんだ?」
チェスターは「あぁ、僕は道路を隔てた所にいる犬の飼育業者からこの犬を買ったんだ。君が欲しいのなら同じような犬を彼は売ってくれると思うよ」と答えた。
そこでアールはその飼育業者の所へ行って、自分の友達のチェスターが飼っている猟犬のように賢い犬が欲しいと頼んだ。
飼育業者は頷くと犬を一匹アールに差し出した。
アールはその犬を家に連れて帰り、鴨を探してこいと命じた。
その犬は飛び出すと暫くして口に木の枝(stick)をくわえて戻ってきて、犬の性器をアールの足に絡みつけピストン運動を始めた。
頭に来たアールはその犬を飼育業者の所に連れて帰り、「この犬は役に立たない。犬は返すから支払った金を僕に返してくれ!」と言った。
飼育業者がこの犬が何をしたのかと尋ねたので、アールは「鴨を探しに行けと命じたら、この犬は口に木の枝をくわえて戻って、僕の足でピストン運動を始めたんだ」と説明した。
飼育業者がこう答えた。「アール、この犬はあんたにこう伝えたかったんだよ。『あそこにはクソッタレ鴨達が、あんたが思っている以上いるぜ』」

Shake a stick atは「気が付く」という意味の古いイディオムですが、
通常more than you can shake at (思っている以上に)という形で使われます。
ここではこのイディオムを使うために、わざわざ犬に木の枝(stick)をくわえさせ、
さかりが付いた犬がよくするように、人間の足に絡みついてピストン運動をさせ(humping)、
その行為からfuckingという言葉を連想させて、
その言葉を"クソッタレ"という意味に結びつけて、ジョークのオチに持っていっています。
うーん、結構こだわって作ったジョークですよね。
【参照】World Wide Words

03-50 Skunk
 I
stink, therefore I am.

 スカンク
 吾臭う、故に吾あり。

フランスの哲学者デカルト(Descartes)の有名な言葉「吾思う、故に吾あり」(I think, therefore I am)を文字って、
think をstinkにしたので、skunkがピッタリということになります。

#03-1〜1011〜2021〜3031〜40・41〜5051〜6061〜70


*  
*